アルミボンネットフード合わせ


ボンネットフードセンター出し及びチリ合わせは、ずいぶん前に行った作業です。
センターに5mm幅のテープを貼りセンターの間隔を確認し、試行錯誤の後、センターを合わせます。
その後、サイドの重なった端の部分を合わせていきます。チリ合わせです。
なぜ重なっているのか?
原因の一つはフェンダーサイドの膨らみが内側に押されていたせいです。フェンダー内側からアーチの部分を外側に叩くことである程度解消する事が出来ました。最後は曲げ直したり、カットしたりで隙間を合わせます。広くなってしまった部分は溶接増しで、一定の隙間を確保します。
車を直すのに一、二番に重要な部分が、この一定の隙間!ここが有っていないと全て台無しと言っていいかも!と思います。
特にジャガーのフロントカウルはここが難しいんですね。

カテゴリー: ジャガーEタイプ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">