ライトウェイト リヤフェンダー加工

今日はライトウェイトE の作業を行いました。リヤフェンダーを太いサイズのタイヤが入るようオーバーフェンダーに加工します。
他のお客さんにオーバーフェンダー加工の説明をするたびに「そんな事して、もったいなくないですか?」と言われますが、それをやらねばこの車を中途半端な物にしてしまうだけです。
ワイドなリヤタイヤがついてこそEタイプ・ライトウェイト!!
まず型紙で大体の形状を作り、その後アルミ製のオーバーフェンダーを制作、制作後良ければスチール製の物を作り、それが良ければ取り付けます。
でも何か違う?形が変?
ライトウェイトのリヤフェンダーは前から見ると、フェンダー頂上からフェンダーアーチにかけてほぼまっすぐに下りています。
オーバーフェンダー中央の縦幅を広くすることでラインが良くなりました。ちなみに制作3枚目のオーバーフェンダーです。
もうひとつ重要なのが、ライトウェイトEはリヤフェンダーアーチがオリジナルより30数mm高い位置になります。フェンダー頂上からアーチまでの幅が
狭くなることでシャープさが一段と増しますね!! うんうん・・・一人で納得してます。
明日、時間が取れれば溶接しちゃいますね。

カテゴリー: ジャガーEタイプ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">