Dinoアルミボディー!組み付け開始!

“DinoGTSアルミボディープロジェクト”!溶接にて組み立て開始!しました。フロントノーズ部とテール部が組み合わさると、当然車体一台分のものが出来上がります。置き場にも困るという理由から製作を中断していましたが、組み上がったものを見ると、やはりアルミ製のボディーは存在感が有ります!!今現在、平均3時間の残業の成果で、かなり完成に近づいてきてます。今回より少しづつご紹介していきますので興味がある方は、ちょくちょく覗いて見てください。
フロントノーズ部、Aピラー、ルーフ、リヤテール部とを、アルゴン溶接により結合しました。オリジナルのDinoが有るから出来る事ですが、組み上がっていくごとにDinoの素晴らしいデザイン!ラインの流れ!を改めて実感しつつ作業を進めています。

2台のDinoが並ぶとさらに迫力が・・・。
まだ、全体的に強度不足なため、重力に耐えきれず、サイド真ん中に走る一本の水平ラインのところで折れ曲がり
、少しつぶれたようなアルミ製Dino!これはこれでまた違った車のような感じで、良いと思いますが、オリジナル、完全コピーの製作なので、後にジグを製作し、形を整えていきます。

カテゴリー: ディーノ246GTS   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">