BMW3.0CSL発掘! 1台/429台中

昨年の夏に、はじめてのお客さんが工場に訪ねてきてきました。914の解体車を見せて欲しいとの事で、中を覗いたようですが、うちのバックヤードには色々と変わり種の車があり、そのなかの1台がBMW3.0CSでした。それを見た彼は、知り合いの所に同じ3.0ですが、「CSLが有る」と言うではないですか!?「かなり状態は悪いけど、譲るかも?⁇」…
本当にCSLなのかと半信半疑で、在ると言われた場所に連れて行ってもらいました。
確かにひどい状態の3.0が埋もれていました。
近ずいて確認したところフロントフードとリヤフードはアルミ製の物が…!
どうやらオリジナルのようです。ドアはスチール製でしたが、CSLの特徴であるルーフは、確かにペニャペニャ!おーこれは間違えなくホンモノのCSL!!!
CSLの仕様としてボディーは、スチール製ですが全体的に薄く作ってあり・アルミ製フロントフード・アルミ製リヤフード・ヘッドライナーは黒・ノンスリップデフ・専用ハンドル・バケットシート・アルピナ製シフトノブ・アルピナ製14インチホイール・ステンレス製フェンダーモール・全面白ガラス・フロントスポイラー・リヤスポイラー(リップ)・CSLデカール
とCSLの特徴の内、上記内容はクリアしている。
本来ドアもアルミ製のようですが、一部アメリカ仕様のものには安全基準上、スチール製のドアが使われていると聞きました。また、ウィンドーも前後電動の豪華版も存在するそうで、現車はそれに近いようである。
資料を調べてみるとCSL総台数1265台中(➕α)、左ハンドルのCSLは、429台と記載されている!車体番号も一致!
残念な事にエンジンが降ろされていて無いですし、ボディーもひどい状態です。でも大変希少な個体ゆえ、時間を掛けて治さないといかんでしょうね。(笑)


また、重荷を背負うことにwwwーいつになったら仕上がる事か⁇

カテゴリー: BMW3.0CSL   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">